スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

船木神社

今回は、
池田太鼓台、久保原太鼓台、長野太鼓台、元船木太鼓台が氏神とする
船木神社の紹介です。
    祭神
  • 伊邪那岐大神(イザナギノオオカミ)
  • 大山祇大神
  • 素佐鳴男命(スサノオノミコト)
  • 吉備津彦命(キビツヒコノミコト)

もともと池田八幡と呼ばれていたが、明治8年に他神社合祇により船木神社と改称


入り口
結構急な坂です。

DSC_1214_R.jpg
森のようになってます。
左奥に見えるのが、トイレです。

DSC_1216_R.jpg
本殿が見えてきました。

DSC_1218_R.jpg
本殿
鳥居が入り口に置けないため、本殿前にあります。

DSC_1220_R.jpg
本殿左手には、池田池があります。
左側の土手を16日の夜に太鼓台が並んで、通ります。

2012-12-30(Sun)
 

三島神社

今回は、
高祖太鼓台
が氏神とする三島神社の紹介です。
    祭神
  • 大山祇命
  • 大雷命
  • 高おかみ命

寛平3年、河野高祖五郎通敦が大三島・大山積神社より合祇勧請したのが始まりとして伝えられている。
高祖という地名も河野高祖五郎通敦からとったものとして伝えられている。

鳥居
でかいです。

DSC_1204_R.jpg
境内と本殿

DSC_1203_R.jpg
三島神社の説明の看板がありました。

DSC_1208_R.jpg
新調された本殿の後ろ
2012-12-29(Sat)
 

内宮神社

今回は、
上部地区:北内太鼓台、中筋太鼓台、(角野)新田太鼓台、喜光地太鼓台
が氏神とする、内宮神社の紹介です。
    祭神
  • 天照大御神


鳥居です。
階段の傾斜角はおよそ30度です。
石段はおよそ270段あります。

DSC_1160_R.jpg
斜めから

DSC_1157_R.jpg
石碑の通り、太鼓台がこの石段を上がっていきます。

DSC_1161_R.jpg
近くには、生子橋が架かっています。

DSC_1138_R.jpg
上から
結構高いです。
でも、まだ3分の1ぐらいです。

DSC_1139_R.jpg
途中で、太鼓台と参拝客が別れる道があります。

DSC_1142_R.jpg
もうすぐ本殿です。

DSC_1144_R.jpg

DSC_1148_R.jpg
森の中

DSC_1146_R.jpg
太鼓台のかき棒が当たっても大丈夫なようにカバーしていました。

DSC_1150_R.jpg
本殿

DSC_1151_R.jpg
裏側

DSC_1155_R.jpg
裏側part2

DSC_1152_R.jpg
裏側に神輿の倉庫がありました。

DSC_1154_R.jpg
ちゃんと看板もあります。



内宮神社の帰りに山根グラウンドに寄りましたが、雨でこの二枚のみです。
DSC_1162_R.jpg

DSC_1163_R.jpg
一番上から

ここに上部地区の全太鼓台が17日に集まります。
2012-12-16(Sun)
 

内宮神社2012/10/16(中筋、新田、喜光地太鼓台)

DSC_0630_R.jpg
二番太鼓の新田太鼓台の差し上げ!!

DSC_0644_R.jpg
三番太鼓の中筋太鼓台の差し上げ!!

DSC_0655_R.jpg

石段を一回も落とさずにかきあげました!!
中筋太鼓台の皆様おめでとうございます。

DSC_0668_R.jpg
ラスト喜光地太鼓台の差し上げ!!

DSC_0702_R.jpg
角野小学校で休憩&朝ごはんです。
2012-11-14(Wed)
 
[PR]カウンター
プロフィール

Niihamaya

Author:Niihamaya
FC2ブログへようこそ!

新居浜太鼓台全般(特に庄内太鼓台)が好きです。

☆当ホームページの各コーナーに掲載する情報・画像等
あらゆる内容の無許可転載・転用を固く禁じます!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。